妊活アイテムそろっています

妊活中に砂肝を食べる理由!妊娠力アップのレシピも紹介

妊活中に砂肝を食べることがおすすめである理由や相性の良い食材、砂肝を使った妊娠力アップのレシピをご紹介します。

身体は食べるもので出来ているため、妊活中に食べる食事はとても重要です。
妊娠力アップに効果のある砂肝について知り、妊活中に不足しがちな栄養素を補いましょう!

妊活中に砂肝を食べたほうが良い理由

なぜ砂肝は妊活中に食べると良いのでしょうか。
砂肝に含まれる栄養と妊活中に良いその効果についてご紹介します。

妊娠体質になるための亜鉛が豊富

亜鉛はエストロゲン、プロゲステロンなどの排卵や着床に関係する多くのホルモンの合成や作用に不可欠な栄養素です。

亜鉛は精子の発育にも必要な栄養素であり、妊活を行う上で夫婦共に摂取した方が良い栄養素なのです。
亜鉛は妊娠体質になるためには必須のため、亜鉛が多く含まれている砂肝は妊活中に食べると良いと言われています。

鉄分の作用で妊娠力アップ

妊活に重要な働きをする女性ホルモンの合成には鉄分が必要不可欠です。

鉄分が不足すると血中で酸素を運搬するヘモグロビンが働かなくなり、体内が酸素不足になってしまいます。
酸素が不足すると子宮内膜が成熟しないことに繋がり、鉄分は卵細胞の成長にも関わっているため、鉄分は妊娠しやすい身体づくりをする上で重要です。

砂肝には体内への吸収率が高いヘム鉄が豊富に含まれており、貧血対策にも効果的です。

ビタミンB12で貧血予防

ビタミンB12は葉酸と協力して赤血球のヘモグロビン合成を促し、巨赤芽球貧血(悪性貧血)を予防する働きがあります。
母体の血液が胎児の血液にもなるので貧血を予防することが大切です。

妊活に必要な葉酸の働きを促す効果もあり、葉酸と一緒にビタミンB12を摂る事で葉酸の効果を高めます。
DNAの生成にも重要な役割を果たすため、ビタミンB12は妊活に必要な栄養素です。

妊活に必要なたんぱく質が豊富

砂肝はたんぱく質が100gあたり18.3g含まれており、高たんぱく質な食材です。

たんぱく質は皮膚や筋肉、血液や骨などの身体の構成成分になり、精子や卵子もたんぱく質からできているため妊活にとって重要な栄養素です。
たんぱく質が不足すると筋肉量の減少に繋がって血流の流れが悪くなり、妊活の大敵である冷えを招くことに繋がります。

また、身体の構成成分になるだけではなく、女性ホルモンや成長ホルモンの分泌にも影響するため、妊娠体質になるためにはたんぱく質が必要なのです。

食べ過ぎはコレステロール値の上昇に繋がります

砂肝は低カロリーで高タンパクな食材ですが、コレステロールの含有量が高い食材です。

コレステロールの摂取量が多いと体脂肪が蓄積する原因になるだけでなく、動脈硬化や脳卒中などのリスクが増える可能性があるため、食べ過ぎには注意が必要です。

一緒に食べたい相性の良い食材

砂肝と相性の良い食材をご紹介します。
相性の良い食材と一緒に摂取して妊娠力をアップしましょう!

かんきつ類のビタミンCによって鉄分の吸収率アップ!

砂肝に含まれている亜鉛や鉄分はビタミンCと一緒に摂る事で体内への吸収率が上がります。
レモンやゆずなどと一緒に調理することがおすすめです。

葉酸が豊富な豆苗

砂肝に含まれているビタミンB12は葉酸の効果を高めます。
葉酸はDNAの合成や細胞分裂に重要な役割を果たしているため、妊活中に女性にとって大切な栄養素です。

亜鉛の吸収を高める人参

人参に豊富に含まれるンビタミンAは亜鉛の体内への吸収を高めます。
ビタミンAには身体の老化を防ぐ抗酸化作用もあるため、精子や卵子の老化も防ぐことができて妊活に効果的な食材です。

妊活中におすすめな砂肝の食べ方・レシピ

妊娠力アップにおすすめの砂肝を使った簡単レシピをご紹介します。日々の生活に砂肝を摂り入れて妊娠力アップを目指しましょう!

砂肝と人参の生姜煮込み

◇材料(2人分)

  • 砂肝…150g
  • 人参…1/4本
  • 水…150cc
  • 砂糖…大さじ2
  • 酒…大さじ2
  • 濃口醤油…大さじ2
  • すりおろし生姜…大さじ2

◇作り方

  1. 砂肝を一口大に切り、人参は5mm幅の輪切りにする。
  2. 鍋に水、砂糖、酒、濃口醤油、すりおろし生姜を入れて沸騰させ、人参、砂肝を入れて水分が少なくなるまで煮る。

1人分145kcalです。
人参に含まれるビタミンAによって砂肝の亜鉛の吸収率がアップします。
生姜は身体を温める働きがあるため、妊活中に大敵の冷えを改善することができますよ。

砂肝と人参の生姜煮込み

砂肝と大豆のニンニクレモン炒め

◇材料(2人分)

  • 砂肝…150g
  • 水煮大豆…1/2袋
  • すりおろしにんにく…小さじ1
  • レモン汁…小さじ2
  • オリーブオイル…小さじ1
  • 濃口醤油…小さじ1
  • 塩コショウ…少々

◇作り方

  1. 砂肝を一口大に切る。
  2. フライパンにごま油、すりおろしにんにくを入れ、砂肝を炒める。
  3. 濃口醤油、塩コショウ、レモン汁を加えて味付けする。

1人分約135kcalです。
大豆には女性ホルモンに似た働きをするイソフラボンが豊富に含まれており、ホルモンバランスを整える働きがあります。

油はコレステロールや中性脂肪を下げる効果のある良質なオリーブオイルやえごま油などを選びましょう。

にんにくには卵子の老化を防ぐ働きがあり、レモンよって砂肝に含まれる鉄分の吸収率を高めることができ、妊活におすすめのレシピです。

砂肝と大豆のニンニクレモン炒め

砂肝と豆苗のトマトマリネ

◇材料(2人分)

  • 砂肝…100g
  • トマト…1/2個
  • 豆苗…1袋
  • 料理酒…大さじ2
  • 酢…大さじ1
  • 砂糖…小さじ2
  • 濃口醤油…大さじ1

◇作り方

  1. 砂肝、トマトは1cm角に切り、豆苗は長さを半分に切る。砂肝は耐熱容器に入れて料理酒を振り、電子レンジ500Wで4~5分加熱する(2分程度加熱したところで全体をかき混ぜる)。豆苗は耐熱容器に入れて電子レンジ500Wで2分加熱する。
  2. 加熱した砂肝、豆苗、トマトと調味料を和える。

1人分114kcalです。砂肝のビタミンB12が豆苗に含まれる葉酸の効果を高めます。
トマトに含まれるリコピンには強力な抗酸化作用があり、身体の老化を防ぎます。

砂肝と豆苗のトマトマリネ

砂肝を使った他の妊活レシピを見る

「砂肝とアスパラのにんにく炒め」の作り方
妊活中に摂りたい栄養素が補える、「砂肝とアスパラのにんにく炒め」のレシピをご紹介しています。鉄が豊富な砂肝と、鉄の吸収を高めるビタミンCが豊富なアスパラガスを使った効率的に鉄補給ができる炒めものです。ぜひ妊活中の食事の参考にして下さい。

砂肝の保存方法

砂肝は冷蔵保存だと長く保存ができません。
下処理をしてから冷凍保存すると使いたいときに使いたい分だけ調理ができて便利です。
砂肝の下処理や冷凍保存の方法をご紹介します。

砂肝の下処理の方法

  1. 流水で綺麗に洗い、キッチンペーパーで水気を取る。
  2. 真ん中でカットし、青白い部分をカットする。
  3. 食べやすい大きさに切る。

青白い部分はカットしなくても食べることができますが、食感が硬くなります。
臭みを取りたい場合は水洗いした後にお酒や塩コショウを振ったり、牛乳に浸すと臭みが取れますよ。

砂肝は安いときに買って冷凍保存しよう!

下処理後にラップに包んで冷凍用の保存袋に入れて冷凍します。
冷凍する際に金属のトレーにのせると新鮮なまま早く冷凍が出来ます。
冷凍すると約2週間保存可能です。

まとめ

砂肝は妊娠体質になるために必要な亜鉛や鉄分、ビタミンB12などの栄養が豊富に含まれています。

砂肝は普段使う機会が少ないかもしれませんが、下処理も簡単で塩コショウやニンニクなどで炒めると臭みも気にならなくなりますよ。
砂肝に含まれる亜鉛や鉄分の体内への吸収を高める食材と一緒に摂って妊娠力をアップしましょう!

執筆監修者:中道麻智子(管理栄養士)