妊活中にかいわれ大根を食べる理由!妊娠力アップのレシピも紹介

かいわれ大根に含まれる妊娠力アップの効果のある栄養素や一緒に食べると相性の良い食材、かいわれ大根を使った簡単妊活レシピをご紹介します。
身体は食べたもので出来ているため、妊活中は妊娠力アップに効果のある栄養を摂る事が大切です。かいわれ大根について知り、日々の食生活にかいわれ大根を取り入れましょう!

妊活中にかいわれ大根を食べたほうが良い理由

かいわれ大根に含まれる妊娠力アップに効果のある栄養素をご紹介します。

妊娠体質になるためのビタミンAが含まれている

ビタミンAは子宮環境を整える働きがあり、着床がしやすくなる環境を作る効果があります。
子宮環境を作るだけではなく細胞の増加にもビタミンAが必要であり、赤ちゃんの成長にとっても重要な栄養素です。

ビタミンCの抗酸化作用によって血流アップ!

かいわれ大根にはビタミンCが豊富に含まれており、ビタミンCにも抗酸化作用があります。
ビタミンCの抗酸化作用は卵子の老化防止にも役立ち、卵子の質を高めてくれます。
免疫力を高める働きもあるので、妊活中の風邪予防などの体調管理にも重要です。
ビタミンCの抗酸化作用は血管の老化も防ぎ、血流を改善する働きもあります。
血流が改善されると身体の隅々まで酸素や栄養が行き渡り、冷えの改善に繋がります。

ビタミンEの抗酸化作用で老化防止

身体の老化を防止する抗酸化作用のあるビタミンEが含まれており、抗酸化作用によって卵子や精子も若々しく保たれます。
ビタミンEには女性ホルモンの分泌を促進する働きもあるため、妊娠力アップに役立ちます。
女性だけではなく、男性にとっても嬉しい働きのある栄養素です。
また、血管の老化も防止されるため血流の改善にも効果があり、身体の隅々まで血液が行き渡ります。
血液が全身に行き渡ることで妊活の大敵である冷えの改善にも効果があります。

エネルギーを産生して健康を維持するビタミンB1

ビタミンB1は脳の中枢神経や手足の末梢神経の働きに関係しており、不足するとイライラなどに繋がります。
糖質の代謝の代謝に必要な 酵素の働きを助ける働きがあるので、日々の生活に必要なエネルギーを生み出すために欠かせない栄養素です。
ビタミンB1が不足すると疲れやすくなったり、代謝の低下に繋がるため、妊活中から不足の無いように摂って健康を維持しましょう。

シニグリンによって冷え性改善

かいわれ大根に含まれる辛味成分であるシニグリンには血管を広げて血液の流れを良くする働きがあります。
血流が良くなると身体の隅々まで酸素や栄養が運ばれるため、妊活に大敵である冷えの改善に繋がります。

一緒に食べたい相性の良い食材

かいわれ大根と一緒に食べると妊娠力アップの効果のある相性の良い食材をご紹介します。

ナッツ類

かいわれ大根には脂に溶けるビタミンであるA、C、Eが含まれており、ナッツには脂質が多いため、ビタミンの体内への吸収率が高まります。

にんじん

にんじんに含まれるビタミンAには抗酸化作用があり、かいわれ大根に含まれるビタミンEyaビタミンCと一緒に身体の老化を防ぎ、卵子や精子の質を高めます。

ひじき

ひじきには鉄分が多く含まれており、かいわれ大根に含まれるビタミンCが鉄分の体内への吸収率を高めて貧血を防止する働きがあります。

妊活中におすすめなかいわれ大根の食べ方・レシピ

かいわれ大根を使った妊娠力アップの簡単レシピをご紹介します。
簡単レシピを使って毎日の食生活にかいわれ大根を取り入れましょう!

かいわれ大根とナッツのサラダ

かいわれ大根とナッツのサラダ

◇材料(2人分)

  • かいわれ大根…1パック
  • ミックスナッツ…20g
  • オリーブオイル…大さじ1
  • 塩コショウ…少々
  • レモン汁…小さじ1

◇作り方

  1. かいわれ大根は根元を切る。
  2. ①とミックスナッツ、オリーブオイル、塩コショウ、レモン汁を和える。

1人分約119kcalです。かいわれ大根に含まれるビタミンは油に溶けるものが多いため、脂質が多く含まれるミックスナッツと一緒に摂るとビタミンA、C、Eの体内への吸収率が高まります。

かいわれ大根とニラのピリ辛胡麻和え

かいわれ大根とニラのピリ辛胡麻和え

◇材料(2人分)

  • かいわれ大根…1パック
  • にんじん…1/4本
  • 濃口醤油…大さじ1/2
  • 砂糖…小さじ1
  • ラー油…少々
  • すりごま…大さじ1/2

◇作り方

  1. かいわれ大根は根元を切り、ニラは2cm幅に切って耐熱容器に入れ、ラップをして電子レンジ500Wで1分半加熱する。
  2. ①と調味料を和える。

1人分49kcalです。人参に含まれるビタミンAは卵子や精子の質を高めます。
ごまには抗酸化作用のあるビタミンEが豊富に含まれており、血流を改善する効果があり、冷えの解消に繋がります。

かいわれ大根とひじきのナムル

かいわれ大根とひじきのナムル

◇材料(2人分)

  • かいわれ大根…1パック
  • ひじき(ドライパック)…1袋
  • 濃口醤油…大さじ1/2
  • 砂糖…小さじ1
  • すりおろしにんにく…小さじ1/4
  • すりごま…大さじ1/2

◇作り方

  1. かいわれ大根は根元を切り、耐熱容器に入れて約1分半加熱する。
  2. ①と調味料を和える。

1人分約42kcalです。かいわれ大根に含まれるビタミンCがひじきに含まれる鉄分の吸収率を高め、貧血防止に繋がります。

かいわれ大根の保存方法

かいわれ大根はどのように保存すると長持ちするのでしょうか。
かいわれ大根の保存方法についてご紹介します。

冷蔵保存の場合

購入したパックの蓋を外し、かいわれ大根の根本が浸かるくらいまで水を入れて上からラップをかけ、立てて保存すると新鮮さを保つことができます。
根本を落とした場合はラップに包んでポリ袋などに入れて保存します。根本に水を入れて保存すると7~8日持ちます。
未開封のまま保存すると水分が蒸発してすぐに傷むため、2~3日以内に使いましょう。
根元を切り落とした物は傷みが早いので、2日以内に使うようにしましょう。

冷蔵保存の場合

かいわれ大根の根本を切り落とし、一食ずつ使う量を分けて保存します。
冷凍保存の場合、約1カ月鮮度を保つことができます。

かいわれ大根を食べて妊娠力アップを目指そう!

かいわれ大根には身体の老化を防ぐ抗酸化作用のあるビタミンや血流を改善する効果のあるシニグリンが含まれています。
値段も安く生のまま食べることができるので、手軽に摂り入れることができる食材です。
かいわれ大根と相性の良い食材と一緒に食べ、簡単妊活レシピを使って日々の食生活にかいわれ大根を取り入れてはいかがでしょうか。

執筆監修者:中道麻智子(管理栄養士)