妊活中にかぶを食べる理由!妊娠力アップのレシピも紹介

かぶに含まれる妊活に効果のある栄養素や相性の良い食材、かぶを使った簡単妊活レシピをご紹介します。身体は食べた物で出来ているため、妊活中に食べるものは妊娠力アップのために重要です。

かぶを日々の食生活に取り入れて妊娠力アップに効果のある栄養を摂りましょう!

妊活中にかぶ食べたほうが良い理由

かぶに含まれる妊娠力アップに効果のある栄養素をご紹介します。
妊娠力アップに効果のある栄養を摂り、妊娠力をアップしましょう!

ビタミンCの抗酸化作用によって血流アップ!

かぶにはビタミンCが豊富に含まれています。ビタミンCにも抗酸化作用があります。
ビタミンCの抗酸化作用は卵子の老化防止にも役立ち、卵子の質を高めてくれます。
免疫力を高める働きもあるので、妊活中の風邪予防などの体調管理にも重要です。

かぶに含まれるビタミンCは水溶性であり、水に溶けやすい性質があるためスープなどにして汁ごと無駄なく摂ることがおすすめです。
ビタミンCの抗酸化作用は血管の老化も防ぎ、血流を改善する働きもあります。
血流が改善されると身体の隅々まで酸素や栄養が行き渡り、冷えの改善に繋がります。

妊娠体質になるためのビタミンAが含まれている

かぶのなかでも葉のにビタミンAが豊富に含まれています。
子宮環境を整える働きがあり、着床がしやすくなる環境を作る効果があります。
子宮環境を作るだけではなく細胞の増加にもビタミンAが必要であり、赤ちゃんの成長にとっても重要な栄養素です。

骨を丈夫にするカルシウムは豊富

かぶの葉には骨や歯を丈夫にするカルシウムが豊富に含まれています。
赤ちゃんに必要なカルシウムは全てお母さんの摂ったカルシウムから補われます。
カルシウムは赤ちゃんに優先的に送られるため、摂取量が少ないとお母さんが骨粗鬆症になる可能性があります。
妊活中からカルシウムをとって骨密度を高めることが大切です。

カルシウムにはホルモンバランスを整える働きもあり、ホルモンバランスを整えることが子宮内膜の環境や排卵の周期を整えることに繋がります。
精神の安定にも効果があるため、妊活中のイライラやストレスを緩和してくれ、リラックス効果が期待できます

貧血防止に効果的な鉄が豊富

鉄は赤血球の材料となり、貧血を防止する効果があります。
赤血球は体内の酸素を運ぶ重要な働きをするため、赤血球の材料である鉄を摂ることは冷えの改善にも繋がります。

また、鉄は子宮の粘膜を作る際の材料にもなるため、鉄が不足すると受精卵が着床しにくくなります。
妊娠すると赤ちゃんにも鉄が供給されるため、お母さんは鉄不足になりやすくなります、妊活中からしっかりと鉄を摂取しておくことが重要です。

食べ過ぎは甲状腺の腫れに繋がります

かぶには甲状腺機能抑制物質が含まれており、食べ過ぎると甲状腺の腫れに繋がります。
この甲状腺機能抑制物質はアブラナ科の野菜に見られる特徴のため、食べ過ぎには注意しましょう。

一緒に食べたい相性の良い食材

かぶと一緒に食べると妊娠力アップに効果的な相性の良い食材をご紹介します。
相性の良い食材と一緒に食べることで妊娠力をアップしましょう。

きのこ類

きのこに含まれるビタミンDはカルシウムの吸収率をアップし、骨粗鬆症予防や精神の安定に役立ちます。

葉に含まれるビタミンAが脂溶性であり、油と一緒に炒めたり、油が多く含まれるアボカドなどと一緒に摂ると体内への吸収率がアップし、抗酸化力が高まります。

レモン

鉄分はビタミンCと組み合わせると体内への吸収率が高まります。
レモンにはビタミンCが豊富に含まれているため、かぶと組み合わせることによって貧血の防止に役立ちます。

妊活中におすすめなかぶの食べ方・レシピ

かぶを使った簡単に作ることができる妊娠力アップに効果のあるレシピをご紹介します。
簡単妊活レシピを使って株を日々の食生活に取り入れましょう。

かぶときのこの卵とろみスープ

かぶときのこの卵とろみスープ

◇材料(2人分)

  • かぶ(根)…1/8株
  • かぶ(葉)…1/4束
  • しめじ…1/4袋
  • 卵…1個
  • 水…400cc
  • 和風粉末出汁…小さじ2
  • 薄口醤油…大さじ1/2
  • 塩コショウ…少々

◇作り方

  1. かぶの根はいちょう切り、葉としめじはざく切りにする。
  2. 鍋に水を沸かし、かぶの根、しめじを加える。
  3. 葉と卵を加え、粉末和風だし、薄口醤油、塩コショウで味を整える。

1人分65kcalです。しめじに含まれるビタミンDはかぶに含まれるカルシウムの体内への吸収率を高めます。
卵には卵子や精子の材料となる良質なたんぱく質が豊富に含まれており、妊娠力アップに役立ちます。

かぶの葉と大豆のトマト煮

かぶの葉と大豆のトマト煮

◇材料(2人分)

  • かぶの葉…1束
  • 水煮大豆…1/2袋
  • トマト…2個
  • オリーブオイル…大さじ1
  • すりおろしにんにく…小さじ1
  • コンソメ…小さじ1
  • 塩コショウ…少々

◇作り方

  1. かぶの葉はザク切りにし、トマトは角切りにする。鶏胸肉は1口大に切る。
  2. 鍋にオリーブオイルとにんにくを入れて加熱し、鶏胸肉を炒める。
  3. かぶの葉、鶏胸肉を入れて炒め、調味料で味を整えて5~10分煮る。

1人分151kcalです。かぶの葉に含まれるビタミンAはオリーブオイルで炒めることでビタミンAの吸収率が高まります。
大豆に含まれるたんぱく質は卵子や精子の材料となり、トマトに含まれるリコピンには強力な抗酸化作用があるため、血流アップに効果があり、妊活に大敵である冷えの改善に役立ちます。

かぶとアボカドのレモンサラダ

かぶとアボカドのレモンサラダ

◇材料(2人分)

  • かぶ(根)…1/2個
  • アボカド…1/2個
  • オリーブオイル…大さじ1
  • レモン汁…小さじ1
  • 塩コショウ…少々

◇作り方

  1. かぶの根はいちょう切りにして塩でもんで水分が出てきたら水気を切る。
  2. ①と調味料を和える。

1人分]166kcalです。かぶに含まれる鉄分はレモン汁に含まれるビタミンCによって体内への吸収率が高まり、貧血の予防に役立ちます。アボカドには脂質が多く含まれているため、カブのビタミンAの吸収率を高めます。

かぶの保存方法

かぶの保存方法についてご紹介します。かぶを正しく保存して鮮度を保ち、美味しく食べましょう!

冷蔵保存の場合

買ってきたは葉と根を切り分け、根と葉をそれぞれ別で保存します。
葉の部分は乾燥しないように湿らしたキッチンペーパーで包んで保存袋に入れて立てて保存します。
根の部分はキッチンペーパで包んで保存袋に入れて保存すると長持ちします。葉は2〜3日、根は一週間程度で使い切りましょう。

冷凍保存の場合

根の部分は下茹ではせずに生のまま冷凍保存をすることができまます。
料理に使いやすいように切り、冷凍用保存袋で保存します。
葉の部分は下ゆでし、食べやすい大きさに切って一食分ずつ冷凍保存用袋に入れて保存します。

かぶを食べて妊娠力アップ!

かぶには抗酸化作用のあるビタミンCや貧血を予防する鉄分が豊富に含まれています。
生のまま食べても、煮ても美味しいかぶを相性の良い食材と一緒に食べ、妊娠力をアップしましょう。
かぶを使った簡単妊活レシピで日々の食生活にかぶを取り入れてはいかがでしょうか。

執筆監修者:中道麻智子(管理栄養士)