妊活アイテムそろっています

豚肉で妊娠力アップ!妊活中の栄養・レシピ解説

私たちの体は食べた物からつくられています。そして、食べ物に含まれる様々な栄養素の働きによって、生命を維持し、健康を保っています。
もちろん、妊活中もバランスの良い食事は大切で、食事からしっかり栄養素を摂ることは妊娠力アップにつながります。

豚肉には妊活に効果的な栄養素が多く含まれており、妊娠したい方におすすめの食材です。
今回は豚肉に含まれる栄養素の解説をはじめ、食べる時の注意点、相性の良い食材や豚肉を使ったレシピなどをご紹介します。ぜひ妊活中の食事の参考にして下さい。

豚肉に含まれる栄養素

豚肉には、たんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラルなど、私たちが健康を維持していくために必要な栄養素が豊富に含まれています。
その中でもたんぱく質、ビタミンB₁、ビタミンA、亜鉛は妊娠の準備期間である妊活中には特に必要な栄養素です。
ここでは豚肉に含まれる妊活中に必要な栄養素の働きを解説します。

妊活に必須な良質なたんぱく質

たんぱく質は健康な体の土台となる栄養素です。
私たちの体は皮膚、髪の毛、骨、筋肉、血、内臓、ホルモンにいたるまで、たんぱく質を材料にして作られています。

たんぱく質は肉・魚・卵・大豆製品・乳製品などに多く含まれています。
特に豚肉には健康な体の土台を効率的に作る良質なたんぱく質が豊富に含まれています。
健康な母体づくりは妊活の基本となります。

豊富なビタミンB₁やビタミンA

豚肉に多く含まれるビタミンとして、ビタミンB₁とビタミンAが挙げられます。
特に豚肉のビタミンB₁含有量は牛肉や鶏肉の約10倍と圧倒的に多く、食品の中でもトップクラスです。

ビタミンB₁には疲労回復効果や精神安定作用があります。
疲れをため込まないこと、メンタルを安定させることは妊活中の体づくりに大切です。

ビタミンAは豚肉の中でもレバーに多く含まれています。
ビタミンAは皮膚や粘膜を健康に保つ作用があり、子宮内膜を作り、子宮環境を整えてくれる働きがあります。

精子の質を上げる亜鉛

妊活は女性だけがするものではありません。
パートナーである男性も栄養状態を良くして、健康な体を作ることが大切です。
男性の前立腺や精子には亜鉛が多く存在しており、精子形成に亜鉛は欠かすことのできない栄養素です。亜鉛の不足は生殖機能の低下や性欲の低下をもたらします。
豚肉(特にレバー)には精子の質を上げてくれる亜鉛が豊富に含まれています。

しっかり加熱して食べましょう

豚肉には人の健康に悪影響を与えるウイルスや寄生虫がいる可能性があり、生食は出来ません。
SPF(特定病原体不在)というシールが張られた豚肉も売られていますが、これはあらかじめ指定された病原菌をもっていないという意味であり、無菌豚ということではありません。
調理の際は、赤味が無くなることを目安にしっかりと加熱して食べましょう。

一緒に食べたい相性の良い食材

豚肉には一緒に食べることで、より高い栄養効果もたらす食材があります。
ここでは豚肉と一緒に食べたい相性の良い食材をご紹介します。

玉ねぎと合わせて食べて、ビタミンB₁の吸収率を高めましょう

玉ねぎにはビタミンB₁の吸収を助ける「硫化アリル」という成分が含まれています。
玉ねぎを切った時、目がしみる成分が硫化アリルです。

ビタミンB₁単独では短時間で体外に排泄されますが、硫化アリルと結合したビタミンB₁は長く体内に留まることができるので、ビタミンB₁の効果も持続します。

玉ねぎと一緒に炒めた豚肉の生姜焼きはまさに理にかなった食べ合わせなのです。
硫化アリルは玉ねぎの他、ニラやニンニクなどにも多く含まれています。

豚肉のおすすめレシピ

豚肉を使ったおすすめの妊活レシピを2つご紹介します。どちらのレシピも妊活に大切な豚肉の栄養素をしっかりと摂ることが出来ます。簡単なので、ぜひお試し下さい。

豚ロース肉ソテーのおろし玉ねぎソース

◇材料(2人分)分量

  • 豚ロース肉とんかつ用…2切
  • 塩・こしょう…適量
  • 小麦粉…適量
  • サラダ油…大さじ1
  • ◎玉ねぎ…1/2~1個
  • ◎おろしニンニク…小さじ1
  • ◎醤油…大さじ3
  • ◎酢…大さじ1
  • ◎料理酒…大さじ1
  • ◎はちみつ(砂糖でも可)…小さじ1

◇作り方

  1. すりおろした玉ねぎをボールに入れ、◎の材料を加えて混ぜ合わせる。
  2. 豚肉は筋切りし、両面に塩・こしょうを振り、小麦粉をまぶす。
  3. フライパンにサラダ油を熱し、豚肉を入れ、両面に焦げ色が付くまで焼き、一旦取り出し、火を止める。
  4. フライパンの余分な油をペーパータオルで拭き取り、①のソースを加えたら再び火にかけ、強火にかける。
  5. ソースにとろみがついてきたら、豚肉をフライパンに戻し、軽くソースとからめて、完成。

◇ポイント

玉ねぎはすりおろしの他、薄切りでも大丈夫です。薄切りにした場合は玉ねぎがトロッとするまでしっかり火にかけて下さい。

レンジで簡単!さっぱり蒸し豚

◇材料(2人分)分量

  • 豚肉しゃぶしゃぶ用…200g
  • ニラ…1/2束
  • モヤシ…1袋
  • レモン…適量
  • ポン酢…適量

◇作り方

  1. 豚肉、ニラは約5㎝の長さに切る。
  2. 耐熱皿にモヤシ、ニラ、豚肉の順に重ね、ラップをかけてレンジで3~5分加熱する。
  3. ②にレモンを絞り、ポン酢に付けて食べる。

◇ポイント

レモンのほか、柚子やカボスなどの柑橘類でも美味しく頂けます。

豚肉を使った他の妊活レシピを見る

「豚肉とブロッコリーの中華あんかけ」の作り方
妊活中に摂りたい栄養素が補える、「豚肉とブロッコリーの中華あんかけ」のレシピをご紹介しています。ビタミンB1とたんぱく質が豊富な豚肉と葉酸たっぷりのブロッコリー、食物繊維が豊富なきくらげを使い、疲労回復とともに、腸内環境も整えて、元気を取り戻します。ぜひ妊活中の食事の参考にして下さい。
「白菜と豚肉のレンジ蒸し」の作り方
妊活中に摂りたい栄養素が補える、「白菜と豚肉のレンジ蒸し」のレシピをご紹介しています。ビタミンCや葉酸を含む白菜に加え、たんぱく質やビタミンB1が豊富な豚肉などを使った妊活をサポートする栄養たっぷりのメニューです。ぜひ妊活中の食事の参考にして下さい。

豚肉の保存方法

豚肉は購入後できるだけすぐ食べましょう。
調理しやすい量ずつラップに包んで保存袋に入れれば、冷凍も可能です。

レバーは細菌が付きやすいので、冷蔵庫での保存はおすすめしません。
新鮮なうちに使い切ります。

豚肉パワーで妊娠しやすい体づくりを

豚肉には健康な母体の土台となるたんぱく質や、メンタル面や子宮環境を整えてくれるビタミンB₁やビタミンA、そして、精子の質を高めてくれる亜鉛など、妊活中のカップルにぜひ積極的に摂っていただきたい栄養素が豊富に含まれています。

一年を通して、手に入る豚肉は妊活生活の強い味方です。
妊活中のおすすめ食材である豚肉を日々の食事に取り入れて、妊娠しやすい体づくりをしましょう。

執筆監修者:犬飼絵里子(管理栄養士)