「グリーンピースのケークサレ」の作り方

低温期の食事

妊活の土台となる健康なからだづくりに欠かせない栄養素は「たんぱく質」です。
たんぱく質といえば、肉や魚に豊富なことはよく知られていますが、野菜の豆類にも多いことを知っていますか?
豆類は、たんぱく質だけでなく、食物繊維やビタミン、ミネラル類も含まれているので、体の調子を整える効果もあります。

今回ご紹介するレシピは、豆類のグリーンピースととうもろこしを使った「ケークサレ」です。
ケークサレとは、フランス発祥の甘くない塩味のパウンドケーキで、野菜やチーズなどを加えて作ります。
卵と牛乳も使うので、動物性のたんぱく質も同時に摂れて、しっかりたんぱく質の補給ができます。
グリーンピースやとうもろこしは、ビタミンB群や食物繊維が豊富で、妊活の栄養補給や疲労回復、便秘解消などに役立つうえに、とうもろこしの色素成分は高い抗酸化力でアンチエイジング効果があります。

からだの基礎づくりと卵子の質を高めるのに役立つおいしいレシピはいかがでしょうか?

グリーンピースのケークサレレシピ紹介

彩りがキレイでちょっとおしゃれなケークサレ。休日の朝ごはんや午後のおやつタイム、おもてなし料理やおもたせにもぴったりです。
ホットケーキミックスを使って簡単に作れるので、お菓子作りが苦手な方もぜひ作ってみて下さいね。

グリーンピースのケークサレ-完成

材料(20センチパウンド型1台分)

  • グリーンピース…60g(さやつきで200g)
  • スイートコーン缶…30g
  • 玉ねぎ…1/4個(50g)
  • ロースハム…3枚

(生地材料)

  • ホットケーキミックス…150g
  • 卵…2個
  • 牛乳…大さじ2
  • 粉チーズ…大さじ1と1/2
  • 塩…小さじ1/2
  • 黒こしょう…適量
  • オリーブオイル…大さじ2

グリーンピースのケークサレ-材料

レシピ

  1. グリーンピースはさやから取り出し、さっと洗って、ラップに包み、電子レンジ(600W)で1分加熱する。
    玉ねぎは薄くスライスし、ハムは半分に切ってから細長く切る。
    パウンド型にクッキングシートを敷き、オーブンは180℃に予熱しておく。
    グリーンピースのケークサレ①
  2. ボウルに卵を割り入れ、泡だて器で溶きほぐし、牛乳、粉チーズ、塩、サラダ油の順に加え、その都度よく混ぜたら、ホットケーキミックスも加え、なめらかになるまで混ぜ合わせる。グリーンピース、コーン、玉ねぎ、ハムを加えて、木べらなどでさっくり混ぜる。
    グリーンピースのケークサレ②
  3. パウンド型に(2)の生地を流し入れ、表面に黒こしょうを振って、180℃に余熱したオーブンで35分~40分焼く。竹串を刺してどろっとした液体がつかなければ焼き上がり。
    型からとり出し、冷めたら、3㎝くらいの幅に切る。
    グリーンピースのケークサレ③

エネルギー 624 kcal(1人分)
食塩相当量   3.5 g(1人分)

作り方のポイント

  • オーブンで焼く時に、表面が焦げそうになったら、アルミホイルをかけて下さい。
  • 具材は、そら豆、アスパラ、ブロッコリー、かぼちゃ、パプリカなど、冷蔵庫にある野菜を使って、色々なアレンジが楽しめます。

グリーンピースに含まれる栄養素

グリーンピースは、野菜には少ないたんぱく質が主成分で、筋肉や内臓、骨などからだを作るための材料になります。ただし、植物性のたんぱく質は吸収しづらい欠点があるので、動物性たんぱく質と一緒に食べるのが効率よく栄養を摂るコツです。
食物繊維がとても豊富で、腸のぜん動運動を活発にして、便秘を改善します。ビタミンB1も多く、妊活に大敵の疲れをいやす効果があります。
グリーンピースに含まれる葉酸などのビタミンB群やビタミンCは水に溶け出しやすい性質があるので、ゆでるときは電子レンジを使うか、豆ごはんやスープなど、煮汁も一緒にとれる調理法にすると、栄養を逃しません。

とうもろこしに含まれる栄養素

とうもろこしは、体のエネルギー源になる炭水化物が主成分で、ビタミンB1・B2・E、葉酸などのビタミン類や、カリウム、リンなどのミネラル類が含まれています。
粒皮には食物繊維が豊富で、腸内環境を整えて、便秘解消に役立ちます。ただし、消化が良くないため、胃の調子が悪いときは、コーンポタージュなど繊維質を除いたものを選びましょう。
黄色の色素成分である「ゼアキサンチン」は、強力な抗酸化作用があり、体をさびつかせる原因の活性酸素を除去して、老化を予防する効果で、卵子や精子の質を高めます。

とうもろこしで妊娠力アップ!妊活中の栄養・レシピ解説
とうもろこしには健康維持に欠かせない炭水化物に加え、妊活に必須な葉酸もたっぷり。とうもろこしに含まれる栄養素の解説をはじめ、食べる時の注意点、相性の良い食材やとうもろこしを使ったレシピなどをご紹介しています。ぜひ妊活中の食事の参考にして下さい。

チーズに含まれる栄養素

チーズは、たんぱく質、カルシウム、乳酸菌、亜鉛、ビタミンB1、フェニルアラニンなどの栄養素が含まれています。
動物性の良質なたんぱく質は、吸収率が高いので、からだの基礎づくりに役立ちます。豊富なカルシウムは、丈夫な骨や歯を作るだけでなく、精神の安定にも役立ちます。疲れ気味のときは、ビタミンB1が疲労回復をサポートします。

妊活中にチーズを食べる理由!妊娠力アップのレシピも紹介
チーズには豊富なタンパク質の他、妊活に必須のカルシウムや、男性にも嬉しい亜鉛もたっぷり。チーズに含まれる栄養素の解説をはじめ、食べる時の注意点、相性の良い食材やチーズを使ったレシピなどをご紹介しています。ぜひ妊活中の食事の参考にして下さい。

【妊活】植物性・動物性ダブルのたんぱく質でからだの基礎づくりをサポート!

『グリーンピースのケークサレ』は、グリーンピース、卵、牛乳、チーズなどから、植物性と動物性のたんぱく質が同時に摂れる、栄養吸収に優れたレシピです。
グリーンピースは、たんぱく質だけでなく、妊活中に摂りたい葉酸などのビタミン類やミネラル類も摂ることができます。
さらに、抗酸化力の高いとうもろこし、たんぱく質やカルシウムが豊富なチーズなど、妊活のからだづくりや疲労回復、便秘解消に役立つ栄養素がいっぺんに摂れる栄養満点の1品です。

自宅でゆっくり過ごす休日に作ってみませんか?良い気分転換になりますよ。

執筆監修者:山田由紀子(管理栄養士)