妊活アイテムそろっています

妊活中にチンゲンサイを食べる理由!妊娠力アップのレシピも紹介

チンゲンサイに含まれる妊娠力アップに効果のある栄養素や相性の良い食材、チンゲンサイを使った簡単レシピをご紹介します。
身体は食べた物で出来ていますので、妊活中に食べるものはとても重要です。
妊娠力アップに効果のある栄養素を摂って妊娠力アップを目指しましょう!

妊活中にチンゲンサイを食べたほうが良い理由

チンゲンサイに含まれる妊娠力アップに効果のある栄養素をご紹介します。

子宮環境を整えるビタミンA

ビタミンAには子宮環境を整える働きがあり、着床がしやすくなる環境を作る効果があります。
子宮環境を作るだけではなく細胞の増加にもビタミンAが必要であり、赤ちゃんの成長にとっても重要な栄養素です。

ビタミンCの抗酸化作用で妊娠体質に

チンゲンサイにはビタミンCが豊富に含まれており、チンゲインサイに含まれるビタミンCは加熱しても失われにくいため、ビタミンCを効率的に摂取できる食材です。
ビタミンCには抗酸化作用があり、体内の活性酸素を除去して卵子や精子の老化を防いで質を高める効果があります。
抗酸化作用によって血流も改善されるため、身体の隅々まで血液が行き渡って妊活の大敵である冷えの改善にも繋がります。

ビタミンEの抗酸化作用で老化防止

身体の老化を防止する抗酸化作用のあるビタミンEが含まれており、抗酸化作用によって卵子や精子も若々しく保たれます。
ビタミンEには女性ホルモンの分泌を促進する働きもあるため、妊娠力アップに役立ちます。
女性だけではなく、男性にとっても嬉しい働きのある栄養素です。

豊富なカルシウム

チンゲンサイには豊富にカルシウムが含まれています。
カルシウムにはホルモンバランスを整える働きがあり、排卵や子宮の環境を整える効果があります。
精神の安定にも効果があるため、妊活中に感じるストレスを緩和してくれます。
妊娠中に不足しがちな栄養素である鉄分を作りだす働きもあり、妊娠中の貧血予防に役立ちます。
お母さんがカルシウムを摂取することは胎児の骨の形成のために重要です。

貧血防止に効果的な鉄が豊富

鉄は赤血球の材料となり、貧血を防止する効果があります。
赤血球は体内の酸素を運ぶ重要な働きをするため、赤血球の材料である鉄を摂ることは冷えの改善にも繋がります。
また、鉄は子宮の粘膜を作る際の材料にもなるため、鉄が不足すると受精卵が着床しにくくなります。
妊娠すると赤ちゃんにも鉄が供給されるため、お母さんは鉄不足になりやすくなります、妊活中からしっかりと鉄を摂取しておくことが重要です。

血流を良くするアリルイソチオシアネート

アリルイソチオシアネートはチンゲンサイなどに含まれる辛味成分で、血小板の凝集を防ぐ効果があり、血液をサラサラにして血流を良くする働きがあります。
血流が良くなることで身体の隅々まで酸素や栄養が行き渡り、冷えの改善に繋がります。

妊娠体質になるための葉酸が豊富

葉酸は体内でDNAを合成する働きがあり、細胞の分裂、増殖、合成には欠かせないため赤ちゃんをお腹に抱える妊婦にとって重要な栄養素です。
厚生労働省が出している食事摂取基準においても妊婦の場合は成人女性の倍の葉酸を摂取することが推奨されています。
葉酸を不足なく摂取することで赤ちゃんの神経管閉鎖障害の発症を防ぐことができるという研究結果が報告されています。

赤ちゃんの成長に関係するだけでなく、葉酸は赤血球の合成にも役立ちます。
赤血球が正常に合成されないと赤血球の量が減ってサイズの大きな赤血球ばかりが作られ、巨赤芽球性貧血の原因になります。
妊活中から葉酸を不足なく摂取することが重要です。

一緒に食べたい相性の良い食材

チンゲンサイと一緒に食べると相性の良い食材をご紹介します。
相性の良い食材と一緒に食べることで効率良く栄養を摂取しましょう。

チンゲインサイに含まれるビタミンAやEなどの脂溶性ビタミンは油と一緒に摂ると体内への吸収率が高まるため、油と一緒に炒めて食べるとチンゲンサイに含まれる栄養を効率良く摂る事が出来ます。

鶏むね肉

鶏むね肉にはたんぱく質が豊富に含まれており、たんぱく質にはびたみんAやカルシウムの吸収を助ける効果がありますので、精神を安定させたり、骨粗鬆症予防に役立ちます。

大豆

大豆には鉄分が豊富に含まれており、チンゲンサイに含まれるビタミンCが鉄分の体内への吸収率が高まります。
体内への鉄の吸収率が高まると妊活に大敵である貧血を予防することが出来ますよ。

妊活中におすすめなチンゲンサイの食べ方・レシピ

妊活中におすすめのチンゲンサイを使った簡単妊活レシピをご紹介します。
簡単妊活レシピを使って毎日の食生活にチンゲインサイを取り入れましょう。

チンゲンサイときのこのピリ辛炒め

チンゲンサイときのこのピリ辛炒め

◇材料(2人分)

  • チンゲンサイ…1束
  • エリンギ…1パック
  • ごま油…小さじ2
  • すりおろしにんにく…小さじ1/2
  • 濃口醤油…大さじ1/2
  • ラー油…小さじ1/2

◇作り方

  1. チンゲンサイ、ザク切りに、エリンギは短冊に切る。
  2. フライパンにごま油、すりおろしにんにくを入れて加熱し、チンゲンサイ、きのこを炒める。
  3. 濃口醤油、ラー油で味を整える。

1人分約66kcalです。チンゲンサイを油で炒めることによって脂溶性ビタミンの体内への吸収率が高まります。
また、きのこにはビタミンDが含まれているため、チンゲンサイに含まれるカルシウムの吸収率を高める効果もあり、精神の安定や骨粗鬆症予防に役立ちます。

チンゲンサイと鶏胸肉の和風スープカレー

チンゲンサイと鶏胸肉の和風スープカレー

◇材料(2人分)

  • チンゲンサイ…1束
  • 鶏胸肉…1枚
  • 水…400cc
  • カレー粉…小さじ½
  • 濃口醤油…大さじ1.5
  • みりん…大さじ1
  • 粉末和風出汁…小さじ2
  • 塩コショウ…少々

◇作り方

  1. チンゲンサイはざく切りに、鶏胸肉は一口大に切る。
  2. 鍋に水を沸かし、鶏胸肉を入れる。
  3. チンゲンサイを入れ、カレー粉、濃口醤油、みりん、粉末和風出汁、塩コショウで味を整える。

1人分約164kcalです。鶏胸肉に含まれるたんぱく質がチンゲンサイに含まれるカルシウムの体内への吸収率をアップします。
カレーにはスパイスが含まれているため、身体を温める働きがあり、冷えの改善に繋がりますよ。

チンゲンサイと薄揚げの生姜あん

チンゲンサイと薄揚げの生姜あん

◇材料(2人分)

  • チンゲンサイ…1束
  • 薄揚げ…1枚
  • 水…100cc
  • 粉末和風出汁…小さじ2
  • 濃口醤油…小さじ2
  • みりん…小さじ1
  • すりおろし生姜…小さじ1

◇作り方

  1. チンゲンサイはザク切りに、薄揚げは短冊に切る。
  2. 鍋に水、粉末和風だし、濃口醤油、みりんを入れて沸かし、チンゲンサイと薄揚げを入れて煮る。
  3. すりおろし生姜を入れる。

1人分約87kcalです。チンゲンサイに含まれるビタミンCが薄揚げに含まれる鉄分の体内への吸収率を高めます。
生姜には身体を温める効果があり、血流をアップして妊活の大敵である冷えを改善する効果がありますよ。

チンゲンサイの保存方法

チンゲンサイの保存方法をご紹介します。
チンゲンサイを正しく保存することでしhん線な状態を長く保ちましょう。

冷蔵保存の場合

チンゲイサイは傷みやすい食材ですので、常温ではなく冷蔵庫で保存しましょう。チンゲンサイは乾燥に弱いので、保存の際は乾燥しないように濡らした新聞紙に包んでポリ袋に入れて野菜室で立てて保存します。冷蔵保存での保存期間は4~5日です。カットしたチンゲンサイは痛みがさらに早いので1日~2日で使い切りましょう。

冷凍保存の場合

チンゲンサイは生のまま冷凍保存をすることが出来ます。良く洗ってから食べやすい大きさにカットし、水気を丁寧に拭き取ります。料理に使う1回分ずつラップに包んで冷凍用保存袋に入れて保存すると使いやすいですよ。生のまま冷凍保存した場合の保存期間は2~3週間です。茹でて保存する場合は熱湯で30秒~1分程度硬めに茹で、冷水に取ったら水気を切り、食べやすい大きさにカットして一食分ずるラップで包んで冷凍用保存袋に入れて保存します。料理に使う際は冷凍のまま使うことが可能ですよ。

チンゲンサイを食べて妊娠力アップを目指そう!

チンゲンサイには妊娠力をアップする効果のあるビタミンAやC、葉酸やカルシウムなどが豊富に含まれています。炒め物や煮物など様々な料理に使いやすい食材ですので、チンゲンサイと相性の良い食材や簡単レシピを使って日々の食生活にチンゲンサイを取り入れてはいかがでしょうか。

執筆監修者:中道麻智子(管理栄養士)