「玉ねぎ丸ごとスープ」の作り方

低温期の食事

冷え性に悩む女性は多いですが、冷えによって、ホルモンバランスが崩れたり、子宮や卵巣など内臓の機能が低下したりと、妊活の大敵になるので、早めに改善しましょう。

冷えは、栄養不足や血液循環の悪さが原因で起こります。
改善するためには、血液をサラサラにして、血のめぐりをよくすることが重要です。

今回ご紹介するレシピは、玉ねぎを丸ごと使ったスープです。
ポリフェノールが豊富な玉ねぎは、血管をじょうぶにして、血液循環をよくする作用があり、冷え性改善に役立ちます。
さらに、良質なたんぱく質やカルシウムを含むチーズと、抗酸化作用の高いパセリも一緒に食べることで、栄養不足の解消にも役立つレシピです。

冷えをすばやく解消したいときに、電子レンジを使って簡単に作れるので、試してみてはいかがですか?

玉ねぎ丸ごとスープレシピ紹介

玉ねぎのやさしい甘みと、とろーりチーズがよく合う体の中から温まるスープです。
お鍋で作ると時間がかかりますが、電子レンジならたった10分でできあがり!

玉ねぎ丸ごとスープ-完成

材料(2人分)

  • 玉ねぎ(小さめ)…2個
  • 粉末コンソメ…小さじ1
  • 水…160cc
  • ピザ用チーズ…大さじ2(16g)
  • パセリ…適量
  • 黒こしょう…お好みで

玉ねぎ丸ごとスープ-材料

レシピ

  1. 玉ねぎの皮をむき、上の茶色い部分と、下の根の部分を切り落とす。
    上から3㎝くらいの深さで十字に切れ込みをいれる。
    玉ねぎ丸ごとスープ①
  2. 玉ねぎを1個ずつ耐熱容器に入れ、ラップをかけて、電子レンジ500Wで4分加熱する。(2個同時に加熱する場合は500Wで6分)
    玉ねぎ丸ごとスープ②
  3. ②を電子レンジから出して、それぞれに水80ccとコンソメ小さじ1/2を入れ、ピザ用チーズ大さじ1をかけて、電子レンジ500Wで2分加熱する。(ラップはかけない)
    玉ねぎ丸ごとスープ③
  4. 仕上げにパセリのみじん切りとお好みで黒こしょうをふる。

エネルギー  91kcal(1人分)
食塩相当量  0.8g(1人分)

作り方のポイント

  • 玉ねぎの根を切るときは、茶色い根の部分だけを削るように切って下さい。
    芯を切り落とすと、バラバラに崩れてしまいます。
  • 粉末パセリを使っていますが、生のパセリを使えば、より高い栄養効果が期待できます。

玉ねぎに含まれる栄養素

玉ねぎは、ビタミンB6、ビタミンC、硫化アリル、カリウム、ポリフェノールなどの栄養素が含まれています。
玉ねぎ特有のツンとした刺激のもとである硫化アリルは、冷え性やストレス、不眠などの症状に効果があります。
さらに、ビタミンB1の吸収を助ける作用もあるので、ビタミンB1を含むチーズと一緒に食べると疲労回復や代謝アップに役立ちます。
ポリフェノールは、血液をサラサラにする作用などがあり、血のめぐりを良くします。

妊活中に玉ねぎを食べる理由!妊娠力アップのレシピも紹介
玉ねぎには血行を促進する硫化アリルを始め、抗酸化作用の高いビタミンCやポリフェノールなど妊活をサポートするの栄養素が豊富です。玉ねぎに含まれる栄養素の解説をはじめ、食べる時の注意点、相性の良い食材や玉ねぎを使ったレシピなどをご紹介しています。ぜひ妊活中の食事の参考にして下さい。

チーズに含まれる栄養素

チーズは、たんぱく質、カルシウム、乳酸菌、亜鉛、ビタミンB1、フェニルアラニンなどの栄養素が含まれています。
妊活に役立つ栄養素の代表はカルシウムで、赤ちゃんの発育や精神の安定に欠かせません。
チーズのカルシウムは吸収率が高いので、効率的に摂れる点がメリットです。
体を作るたんぱく質や疲労回復効果のあるビタミンB1なども妊活に役立ちます。

妊活中にチーズを食べる理由!妊娠力アップのレシピも紹介
チーズには豊富なタンパク質の他、妊活に必須のカルシウムや、男性にも嬉しい亜鉛もたっぷり。チーズに含まれる栄養素の解説をはじめ、食べる時の注意点、相性の良い食材やチーズを使ったレシピなどをご紹介しています。ぜひ妊活中の食事の参考にして下さい。

パセリに含まれる栄養素

パセリは、ビタミンA・C・E、ビタミンB群、カルシウム、鉄、クロロフィルなどの栄養素が含まれています。
つけ合わせのイメージが強いですが、栄養成分が非常に豊富で、健康効果はピカイチです。
とくに抗酸化作用が高く、有害な活性酸素を除去して、体のサビつきを防ぐ効果で卵子の老化を抑制します。

【妊活】玉ねぎで血のめぐりを良くして冷えを改善

『玉ねぎ丸ごとスープ』は、ポリフェノールが豊富な玉ねぎが血液をサラサラにして、血のめぐりを良くし、妊活の大敵である冷えを改善します。
さらに、チーズのたんぱく質やカルシウム、パセリの抗酸化作用など、妊活中に摂りたい栄養も一緒に摂れるレシピです。

玉ねぎをまるごと食べて、妊活のさまたげになる冷えを解消しましょう!

執筆監修者:山田由紀子(管理栄養士)